0から始める脱毛初心者入門編

レーザー脱毛の副作用は?安全性は?徹底解説!

レーザー脱毛 副作用

 

今回のテーマは

レーザー脱毛の副作用

というテーマで書いていきます。

 

脱毛することによって

腕や脚を出していて

不安にならないという思いが手に入る。

 

脱毛が成功することにより

わざわざスーパーやコンビ二に行き

カミソリすら買う必要もありません。

 

レーザー脱毛することによって

これらを現実的にすることが

できるといわれています。

 

結論から

レーザー脱毛の副作用をいいますと

軽度の一時的なものです。

 

・発赤刺激

・肌の色の変化

・皮膚感染のリスク

 

詳しく解説していきます。

 

レーザー脱毛の副作用

レーザー脱毛の副作用とは?

 

まず一番多く見られる

レーザー脱毛の副作用というのは

発赤(はっせき)皮膚が赤くなります。

発赤

これは少なからず

肌にも刺激を与えているため

皮膚が赤くなり

レーザー脱毛では一般的なことになります。

 

発赤、刺激については

特に重要視する副作用ではないと考えれます。

 

皮膚色素の変化、肌の変化

 

レーザー脱毛をした後肌が薄暗い人ですと

・黒い斑点のようなものが見えることがある

 

明るい肌を持っている人であるならば

・明るい斑点が見えることがあります。

 

これらは

一時的なレーザーによる効果です。

 

またわずかに肌が濃くなったり

肌が明るく見えるというのも一時的なものです。

 

特に明るすぎる肌の人では

暗いシミのような色素執着を

経験する可能性が高いのですが

これらは時間とともに消えていきます。

 

深いシミになったりするというのは

レーザー脱毛ではありえません。

 

ただ目で確認したときに

あまりにも酷すぎるという場合は

医療レーザーの専門の

スタッフに話したほうがいいです。

 

皮膚感染のリスクについて

皮膚感染のリスク

美容機器やレーザーでも

同じことが言えるのですが

毛包にを損傷して破壊するので

感染の危険がないとは言えません。

 

レーザー脱毛をしてからも傷として

認識するべきだと考えれます。

 

一番やってはいけないのが

感染したと場合に市販などの

抗生物質クリームは

絶対に使ってはいけません。

 

もし、異常を感じたなら

医療機関で相談するべきであり

医療機関で扱われている

抗生物質などの薬などを使用してください。

 

妊娠中はレーザー脱毛を避けてください

妊娠中のレーザー脱毛

多くの専門家は妊娠中の

レーザー脱毛をお勧めしていません。

 

妊娠中のレーザー脱毛の安全性を

証明する研究が行われていないためです。

 

妊娠中はどうしてもホルモンの関係性で

不要な部分に毛がたくさん生えたりして

恥ずかしいと感じる人もいるのですが

 

研究で明らかになっていないので

「子供のためを思い」

グッとこらえていただけないでしょうか。

 

滅多に起きない副作用

 

レーザー脱毛をすることで

滅多に起きない副作用も存在しています。

 

過度の発毛

 

人体の異常により

想像を遥かに超えるほど

滅多に起きませんが

治療した部位で過度な

発毛があった報告がありました。

 

太陽の光を浴びて水膨れになったというケース

太陽の光

レーザー脱毛をしたあと

強い太陽をの光を浴びて

水ぶくれになったという

ケースもありますがほぼありません。

 

レーザー脱毛後は専門のスタッフにも

注意するべきことを指導してくれますが

以下のことについても心がけてください↓

・熱いシャワーサウナ(肌が敏感になるため避ける)

・日光になるべく当たらない

・日焼け止めはしばらくしておいたほうがいい

都市伝説レベルのレーザー脱毛による副作用

 

レーザー脱毛における

都市伝説的な要素もいくつかあります。

 

レーザー脱毛は癌になる?

 

レーザー脱毛をしたから

癌になるという根拠がどこにもありません。

 

レーザー自体は

皮膚細胞を通過して

皮膚の奥深くである

毛包のみをターゲットにしています。

 

レーザーには

少量の放射線を生成していますが

 

この放射線自体に有害である

という根拠がないため

レーザー脱毛行為が皮膚癌を

引き起こすという証拠がないです。

 

仮にレーザーに

皮膚癌物質が含んでいるのであれば

現段階において医療系で使われていないでしょう。

 

レーザー脱毛で不妊もありません

レーザー脱毛

またレーザー脱毛で不妊に

なったりすると考える人もいるのですが。

 

レーザーでは皮膚を貫通するだけで

臓器にレーザーの光が届くことはありません。

 

VIOなどの皮膚が弱い場所においても

臓器まで達するというのはありません。

 

レーザー脱毛の安全性は?

 

安全性に関しては

レーザー脱毛の安全性は

大多数の研究により

長期的な健康上の

リスクというのはないようです。

 

ただ冒頭でも述べたように

軽度の副作用があるということだけで

他の人体に大きなリスクを

抱えるということはありません。

 

ただ必ず専門の資格のあるものが

レーザーを取り扱うべきであり

それ以外は安全性はもてません。

 

ですので

脱毛する際においてもしっかりと

医療機関で行うほうが確実に安全だと思います。

 

レーザー脱毛を準備しておくべきこと

レーザー脱毛をする前に

注意するべきことは5つあります。

・レーザー脱毛を受ける6週間はできるだけ太陽をさけるべき

・肌刺激のある薬品などは使用しないこと

・出血のリスクを高める抗炎症薬を服用しない

・皮膚感染症、発疹、はレーザーを避けるべき

・妊娠中はレーザー脱毛さけるべき

 

参考になれば幸いです。

その脱毛効果や料金含めて全て!満足していますか?

 

SSS評価が最高ランク、Cが最低ランク^^

 

クリックで解説した

ページに飛ぶことができます↓

 

 

 

 

脱毛選びでは

一つ選択肢を間違えるだけで

料金面や時間を大幅に

損をすることになります。

 

正しい選び方をした統計によりますと

約9割以上が満足すると言われています。

 

私自身も毛の悩みで早く脱毛したい!

同じ気持ちを持っていたので

そのお気持ち、お察しします。

 

正しい選び方をする

というのは長期的に見ても

人生の満足度へと繋がります。

 

最も輝ける瞬間で

後悔しないためにも

正しい選び方をしましょう。